《技人》伝統工芸職人実演

すみだ まち処実演コーナーでは、墨田区伝統工芸保存会の職人による実演を催します。匠の技を目の前でご覧になることができます。

技人 木目込人形1 木目込人形2 木目込人形3 木目込人形4
江戸木目込人形 塚田詠春
9月20日(水)〜9月26日(火)

江戸木目込人形
塚田詠春

京都で発送した木目込み人形が江戸に伝わったもので、正徳年間(1711~15)にはすでに江戸へ下った京都の人形師が多かったという。江戸が文化の中心地として発展してくるにつれて、木目込み人形も江戸風に変化した。
江戸における木目込み人形には1、岡本玉水人形系統と2、名川春山人形系統の2系統があり1、の初代小林鉄之助は幕末に京都より職人を招いて創業し自身も木目込み人形師として作品を残している。また2、の初代名川岩次郎は、天保3年(1841)28歳のとき浅草須賀町の人形師瀬山金蔵より独立して、本所両国に創業した。以後両系統の弟子達により技術、技法が継承されている。なお、岩槻市の木目込み人形は名川人形系統の流れをくむものである。
江戸木目込み人形は、木彫りの人形の衣裳の部分に溝を彫って、布製を糊で埋めていく技法による人形で頭は桐塑か素焼き、胴体や手足の一部に桐塑が用いられている。顔は京都製の「ぽっちゃりとしてふくよかな顔立ち」と異なり「やや痩せ形で、小味の利いた、こまかい目鼻立ち」が特徴である。

塚田 詠春
墨田区向島2-11-7(小さな博物館)
URL:http://edokimekomi.com

Mr. Eishun Tsukada

Kimekomi Ningyo or Kimekomi Traditional Japanese Dolls

In our Artisan Corner, Sumida-city's excellent artisans show their technique by turns weekly.
This week, we have Mr. Eishun Tsukada, a master of Kimekomi Ningyo or Kimekomi Traditional Japanese Dolls.

Kimekomi Ningyo is the Japanese traditional doll made by cutting grooves on the doll's body, which is made from the hardened mixture of powdered paulownia wood and glue, and by carefully putting the edge of the cloth into those grooves. Mr. Tsukada finds attaining a proper balance of the whole doll shape most important. So he believes that it is not until artisans completely master techniques in all processes of making a doll that they can bring a doll to life. In addition, Mr. Tsukada strongly thinks that artisans' minds and spirits are directly reflected on their dolls, therefore, they are required not only to improve their techniques but also to enhance their minds and spirits.

伝統工芸実演スケジュール(予定)

9/27〜10/3

「江戸木箸」    竹田勝彦

10/4〜10/10

「総桐箪笥」    田中英二

10/11〜10/17

「押絵羽子板」   西山鴻月

戻る