《技人》伝統工芸職人実演

すみだ まち処実演コーナーでは、墨田区伝統工芸保存会の職人による実演を催します。匠の技を目の前でご覧いただけます。

技人 市松人形 市松人形 市松人形 市松人形
市松人形 藤村光環
12月13日(水)〜12月19日(火)

市松抱き人形
藤村光環

日本人形の歴史は古く、約1000年以上前に登場します。医療の発達していなかった時代、親は生まれた子供が何とか無事に育って欲しいと願い、子供が生まれると人形を飾り、いざという時には身代わりになって欲しいと祈りました。
そして、世界一の長寿国となった現代でも3月「雛祭り」や5月「端午の節句」には、人形を飾り子供たちの健康を祈願するお祭りとして伝えられ、日本人と人形との神秘的なつながりは引き継がれています。

「市松抱き人形はちょうど、子供たちを人形にした感じかな。 そして、ただ飾って楽しむだけじゃなくて、『リカちゃん』や『バービー人形』と同じように 衣装の着せかえをして楽しめるんだ。昔、女の子たちはお母さんに着物のぬい方をおそわりながら、 着替えを作る事で、着物をぬう練習や着物の着方を練習したんだ。今でも、お母さんやおばあちゃんと、そんな楽しみ方をしてもらいたいと思っているんだ」

藤村 光環
墨田区本所3-28-2
URL:http://meikodoll.exblog.jp/

Mr. Kokan Fujimura

Ichimatsu Ningyo or Ichimatsu Traditional Japanese Dolls

In our Artisan Corner, Sumida-city's excellent artisans show their technique by turns weekly.
This week, we have Mr. Shintaro Ataka, a master of Shikko or Japanese Urushi Lacquer Ware.
Japanese Urushi ware is translated into JAPAN like Chinese ceramic ware is called CHINA in English, which means that Urushi ware is one of typical artifacts in Japan. The sap of the Japanese Urushi lacquer tree has long been used to protect an object by coating its surface with it. Not only for protection of objects, but it adds a deep luster and elegant brilliance to them.
The master of Shikko or Japanese Urushi Lacquer Ware, Mr. Shintaro Ataka, learned the technique from his father. His main work is handling the interior of buildings like coating wooden frames, shelves and pillars in Tokonoma alcove with Urushi, in temples, Japanese-style luxury restaurants and general houses. At the same time, Mr. Ataka is making various kinds of smaller Urushi ware like bowls, cups, trays and so on. Urushi coating takes more than 30 steps, so some works can take more than 2 months, requiring a lot of time and energy.

伝統工芸実演スケジュール(予定)

12/20〜12/26

「江戸木目込人形」 塚田詠春

12/27〜1/9

「提灯描き」    大石智博

1/10〜1/16

「押絵羽子板」   西山鴻月

戻る