《技人》伝統工芸職人実演

すみだ まち処実演コーナーでは、墨田区伝統工芸保存会の職人による実演を催します。匠の技を目の前でご覧になることができます。

技人 建築漆工 建築漆工 建築漆工
建築漆工 安宅信太郎
8月23日(水)〜8月29日(火)

建築漆工
安宅信太郎

漆塗りは数々の塗る技法がある。地場の塗り、春慶塗、堆朱、梨子地塗り等。建築漆工は用途によって使い分けするので塗り技法を全てマスターしなければならない。

「仕事のこだわり」
建築関係の仕事なので納期は守るようにしている。色物の場合は銘木の種類、壁の色等を考え、色、艶を作り漆塗だけが目立つのではなく、周りとの調和を考える。
施主、設計士の人の気持ち、何を求めているか、相手の立場に立って作り上げるようにする。どう作り上げていくか考えている作業が好きで、経験を生かせる。それは数多くの方と接し、現場の中から学ぶことが多い。

安宅 信太郎
墨田区向島3-38-10

建築漆工

Mr. Shintaro Ataka

Shikko or Japanese Urushi Lacquer Ware

In our Artisan Corner, Sumida-city's excellent artisans show their technique by turns weekly.
This week, we have Mr. Shintaro Ataka, a master of Shikko or Japanese Urushi Lacquer Ware.
Japanese Urushi ware is translated into JAPAN like Chinese ceramic ware is called CHINA in English, which means that Urushi ware is one of typical artifacts in Japan. The sap of the Japanese Urushi lacquer tree has long been used to protect an object by coating its surface with it. Not only for protection of objects, but it adds a deep luster and elegant brilliance to them.
The master of Shikko or Japanese Urushi Lacquer Ware, Mr. Shintaro Ataka, learned the technique from his father. His main work is handling the interior of buildings like coating wooden frames, shelves and pillars in Tokonoma alcove with Urushi, in temples, Japanese-style luxury restaurants and general houses. At the same time, Mr. Ataka is making various kinds of smaller Urushi ware like bowls, cups, trays and so on. Urushi coating takes more than 30 steps, so some works can take more than 2 months, requiring a lot of time and energy.

伝統工芸実演スケジュール(予定)

8/30〜9/5

「足袋仕立て」   石井芳和

9/6〜9/12

「錺金具」     塩澤政子

9/13〜9/19

「市松人形」    藤村紫雲

戻る