《技人》伝統工芸職人実演

すみだ まち処実演コーナーでは、墨田区伝統工芸保存会の職人による実演を催します。匠の技を目の前でご覧いただけます。

技人 籐製品1 籐製品2 籐製品3 籐製品4
籐工芸 小峰正孝
11月15日(水)〜11月21日(火)

籐工芸
小峰正孝

「籐」は英名ラタンという熱帯・亜熱帯に分布する、椰子科に属す、つる性植物の総称で我が国には自生しません。しかし伝来は古く遣唐使によってもたらされて以来、日本の風土に自然に慣れ親しまれてきました。
一見して竹と思われる方が多いが、その性質は軽さ・強靱さ・しなやかさ・通気性に優れ、その種は300以上に及ぶが細工に向く良質材は主にインドネシア産の数種類に限ります。
この優れた天然素材の特性は小さなカゴ類から椅子、枕、ベッド、インテリヤ家具など多方面に活用され愛用されております。

「仕事のこだわり」
「籐」というすぐれた天然素材の良さを活かし、生活に役立ち、人から喜ばれるものづくりを心がけます。

小峰 正孝
墨田区押上2-10-15(工房ショップ)

Mr. Masataka Omine

Toh Kougei or Rattan Work

In Wazabito Corner or Artisan Corner, Sumida-city’s excellent artisans demonstrate their technique by turns weekly.This week, we have Mr.Omine, a master of Toh Kougei or Rattan Work.
Toh or rattan is a general term for vine, trailing or climbing plants, belonging to the palm family. Rattan doesn't grow naturally in Japan. Since it was brought to Japan through China in the distant past, it has gotten acclimatized to Japan's climate. Rattan excels in lightness, flexibility and permeability. These excellent characteristics have been utilized to make baskets, chairs, pillows, beds and other various kinds of interiors, which all have been loved by people.

伝統工芸実演スケジュール(予定)

11/22〜11/28

「錺金具」    塩澤政子

11/29〜12/5

「足袋仕立て」  石井芳和

12/6〜12/12

「建築漆工」   安宅信太郎

戻る