まち歩き

ボランティアガイドによる案内や無料のまち歩きマップを片手に、東京スカイツリーからのすみだのまち歩きをお楽しみください。

コース22 鬼平犯科帳ゆかりのスポット読み歩き〜鬼平の活躍篇〜(所要時間約30分)

『鬼平犯科帳』の舞台にもなった両国周辺。
ここでは、「鬼平」こと長谷川平蔵が大活躍したスポットを見ることができます。
鬼平が見た景色を、バスや徒歩で巡ってみてはいかがでしょうか。

コース22「鬼平犯科帳ゆかりのスポット読み歩き〜鬼平の活躍篇〜」見どころ & 味どころ

両国観光案内所

両国観光案内所

両国エリアを中心に、観光案内やパンフレットを配布しています。土日や祝日(夏季・冬季除く)、大相撲本場所中には「まち歩きガイドツアー」を開催!両国に来たら、まずはお立ち寄りください。

回向院

回向院

明暦の大火の犠牲者を弔うために創建。参道の雑踏に紛れた盗人を捕らえるべく、鬼平の活躍の場となります。寺の周囲には、探索先となる蕎麦屋や見張り用の小間物屋など数々の現場が設定されました。

旧両国橋・広小路跡

旧両国橋・広小路跡

明暦3(1657)年の大火後に架けられた両国橋には、延焼を防ぐために広小路が作られました。回向院への参詣客で賑わい、江戸1、2を争う繁華街になると、当然、犯罪もはびこり、鬼平の捕り物の舞台になりました。

料亭「井筒」

料亭「井筒」

『鬼平犯科帳』に登場する料亭で、一之橋周辺にあったとされています。主人の羽沢の嘉兵衛は、裏の世界では香具師の元締め。鬼平の暗殺を画策するなど、鬼平の手を焼かせました。

煙草屋・壺屋

煙草屋・壺屋

大盗・蓑火の喜之助の下で修行した盗賊・大滝の五郎蔵は捕縛された後、密偵となり、義父・舟形の宗平とこの店を始めました。後に夫婦となった女密偵のおまさも同居。多くの作品に登場します。

軍鶏なべ屋「五鉄」

軍鶏なべ屋「五鉄」

二之橋の角、南側が竪川に面している場所にあったとされている、鬼平行きつけの店。鬼平と配下の密偵たちが集まり、事件解決や情報収集の場として、重要な役割を果たしていました。

茶店笹や

茶店笹や

弥勒寺の門前にあり、平蔵が放蕩無頼の日々を送り「本所の銕」と呼ばれていた頃をよく知るお熊婆さんのお店。火盗改の長官になってからは出先のような役割を担い、多くの作品に登場します。

弥勒寺

弥勒寺

茶店笹やが門前にあることから、多くの作品に登場します。寺の下男である茂平は、お熊とは茶飲み友達。弥勒寺が舞台となる「お熊と茂平」では、茂平が急逝し、お熊に遺言を残すことから話が展開します。

中田屋茶舗本店

中田屋茶舗本店

安政元(1854)年創業の名店。良質な茶葉を使って独自のレシピでプレンドした上級茶「両国銘茶」や、相撲の街両国らしい名の[相撲番茶」などが人気。お土産にどうぞ。

マップはこちらからダウンロードできます>>すみだ観光サイト

戻る