まち歩き

ボランティアガイドによる案内や無料のまち歩きマップを片手に、東京スカイツリーからのすみだのまち歩きをお楽しみください。

コース21 鬼平犯科帳ゆかりのスポット読み歩き〜鬼平の青春篇〜(所要時間約55分)

本所・横川周辺では、「本所の銕」と呼ばれていた若き平蔵が
放蕩無頼の日々を過ごしていました。
恋に、剣術に、平蔵の青春の思い出が詰まったスポットは鬼平ファン必見です!

コース21「鬼平犯科帳ゆかりのスポット読み歩き〜鬼平の青春篇〜」見どころ & 味どころ

産業観光プラザ すみだ まち処 フロア

産業観光プラザ すみだ まち処

すみだの産業や観光などの魅力を伝える施設です。認証ブランド「すみだモダン」の商品や「墨田区銘品名店会」の銘菓などの展示や即売、墨田区伝統工芸保存会の職人による実演が行われています。

春慶寺高札

春慶寺

平蔵の剣友・岸井左馬之助の寄宿先として多くの作品に登場します。なかでも「明神の次郎吉」は春慶寺が主な舞台になっており、寺域や押上周辺の当時の様子が描かれています。

西尾隠岐守屋敷高札

西尾隠岐守屋敷

遠江国横須賀藩3万5千石の西尾家下屋敷がありました。周辺は穏やかな田園風景が広がる人気の行楽地。夜になると下屋敷は博奕場へと変わり、すねにきずを持つ者が身を隠す場所として作品に登場します。

出村の桜屋敷高札

出村の桜屋敷

平蔵と左馬之助は田坂直右衛門の孫娘・おふさに想いを寄せていました。横川を行く、おふさの嫁入り舟を平蔵と左馬之助が万感の思いで見送る場面は心に残ります。

高杉銀平道場高札

高杉銀平道場

横川沿いの出村町にあった道場に平蔵が19歳のときに入門し、ここで生涯の友・岸井左馬之助に出会います。高杉先生から同時に目録を授けられ「竜虎」と呼ばれました。

法恩寺外観

法恩寺

太田道灌ゆかりの寺で、「本所桜屋敷」では平蔵と左馬之助が門前の茶店「ひしや」で20余年ぶりに旧交を温める場面に登場。「尻毛の長右衛門」は、この法恩寺から物語が始まります。

相模の彦十の家高札

相模の彦十の家

彦十は本所松井町の「岡場所」に巣食う香具師あがりの無頼者。若かりし平蔵が、放蕩無頼の暮らしを送っていた頃からの取り巻きの1人です。密偵に転じると、その働きは目を見張るものがありました。

長谷川平蔵の旧邸高札

長谷川平蔵の旧邸

「鬼平」こと平蔵が27歳のときまで暮らしていた屋敷のあった場所です。実父の宣雄が目黒行人坂の下手人を捕らえた手柄により京都町奉行に出世し、長谷川家はこの地を去りました。

蝶谷本店外観

蝶谷本店

文政9(1826)年創業。茶事用の上生菓子や御祝儀用のお赤飯、仏事用の引菓子などが販売されています。添加物を使わずに、玉子と牛乳と蜂蜜で作られたどら焼「太平焼」が好評です。

マップはこちらからダウンロードできます>>ウェルカムすみだWEBサイト

戻る