伝統
tradition

富士山型スマホスタンド

2,160円(税込)

塚田工房

現代表塚田進氏の母の実家の家業として、天保12年(1841年)初代が本所両国で創業。4代目に当たる祖父が向島小梅に工房を開く。木目込みとは人形作りの伝統技法で、和布を組み合わせてつくるので、何種類もの織りや、柄を味わうことができる。人形だけでなく、スマホスタンドやペーパーウエイトなど、お土産にも最適な作品を多く手がけている。